ブログで稼ぐか、人気者(?)になりたいか、はっきりと意識を変えた方が良いと感じる昨今。稼ぐなら、焦燥感が邪魔な気がする。

後、ツイッターや、はてブでの「バズる」経験の有無は、ブログの付き合い方、考え方が大きく変わると思った最近。


あくまで、私の観測範囲だけど、はてな中心のインターネッツをしていて、Googleアドセセンスのスコアカードとページレイアウトアルゴリズムの言及を『はてな』であまり読まないな…と最近、ふと思った。

まぁ、アフィリエイトをしてない人には関係ないし、SEOに興味がなければ、関係ないのだけど…。ざっくりと説明してみる。

Googleアドセセンスのスコアカード。

Googleアドセンスのアカウント画面に入ると、収益の最適化に関して採点してくれている。ページ読み込み速度、最適な広告フォーマット、Google+の利用の有無など…。

ちょっと前だと、はてなブックマークが沢山ついた記事に対して、読み込み速度が低下している!という注意が着ていた。それは、ZenBackの機能で、はてブアイコンが並ぶのが原因だったから、設定で、はてブの表示を解除したら、改善された。

その他には、クロールエラーとか、シビアに評価が下がる。アカウントのスコアによって、アドセンスの収益性も変わるらしい。こちらもあまり読まないけど、1クリックで収益が発生した時の、自分の取り分は、%で表示されている。

ページレイアウトアルゴリズム。

ペンギンアップデートとか、パンダアップデートとかその辺りの話題だったと思う(詳しくない)。ようは、ブログやHPの1ページあたりの広告数、ファーストビューの広告数、ヘッダーからメインコンテンツまでの距離が検索評価に関係している…ということ。

稼ぎたいのであれば、ページ辺りの広告数を過剰にすると、検索評価が下がる…という業の深い話題。同時に、Googleアドセンスは広告ユニットを三つ表示して、ファーストビューに配置することも推奨している。

検索評価は、ツイッターとか、はてなのトップエントリ入りした時のアクセスとは関係ないけど、この辺りをオロソカにすると、一番極端な場合は「毎日、炎上を起こす!」というインターネッツになる。

実際、検索以外の大量アクセスが、主流の時代だから、状況は変わってくるのかも。


そんなことを考えてました。スコアカードが話題にならないのは、毎日Googleアドセンスのアカウントをチェックしている人が少ないからかな。もしくは、はてなーは、SEOの話題などに、そんなに興味がないからかな。

関連記事。

記事タイトルにイケダハヤトさんの名前を入れないあたりが私がチキンなところです。私は基本的に自分の出来ないことをされている人を尊敬する傾向にあるのですが、運営報告の記事とかを読んでいると気になるのでエントリに書いてみます。
ページレイアウトアルゴリズとは?広告過多による検索評価の低下をアルファブロガーに伝えたい。 - 伝外超スデメキルヤ団劇